シーズン前に試運転をして
不具合がないかご確認ください!

エアコンの使い始めとなる7月になりますと、お問い合わせや点検ご依頼が集中し、修理対応においてもお待ち頂く場合がございます。夏の暑い時期にも快適にお使い頂けますよう、5月~6月前半に試運転をしていただくことをご提案申し上げます。

7月にお問い合わせが集中しています。
エアコンのお問い合わせ件数(2015年ダイキン調べ)

試運転の方法

運転モードを「冷房」にして、
温度を最低温度(16~18℃)に設定。
10分程度運転しましょう。 ※機種によって最低温度は異なります。
※電源プラグはコンセントに差し込まれていますか?
※リモコンの電池は切れていませんか?
冷風がきちんと出ているか、
異常を示すランプが点滅していないか
ご確認ください。
さらに30分程度(目安)運転し、
室内機から水漏れがないか
ご確認ください。 ※念のため、室内機の下に物を
置かないようにしてください。
異臭や異音がしないか
ご確認ください。

試運転で以下の症状が発生した場合は、ご購入の販売店、
もしくはダイキンコンタクトセンターへご相談ください。

  • 運転ランプが点滅する
  • 冷房運転をしてもよく冷えない
  • 室内機から水漏れしている
  • 異臭がする
  • 異常音がする

ダイキンエアコンについてのお問い合わせを
24時間365日受付しております。

家庭でできる節電方法をおさらい

こまめにフィルター清掃を

フィルターは2週間に1度は清掃を。ホコリは水洗いか掃除機で吸い取ります。汚れがひどい場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗い、汚れを落とした後、軽く水切りをして、日陰でよく乾かします。

※フィルターの汚れが落ちなければ、
お買い替えが必要な場合があります。
また、エアコン内部の汚れについては、別途ご相談ください。


設定温度は28℃を目安に

冷房運転時は、設定温度を1℃上げると約10%の節電の効果があります。暑く感じた場合は、設定温度を下げる前に風量を強くしてみましょう。お出かけ先からの帰宅の際は、部屋を換気して熱を逃がしてからエアコンの運転をさせると効率的です。


室外機から熱を逃がす

エアコンの運転中は、室内の暖気を外に排出するため、室外機は放熱しています。室外機にはカバーをかけず、また、吹き出し口付近やその周辺には、障害になるものを置かないようにお願いします。


もっと詳しい節電情報はこちら

むりなくじょうずに節電を。あなたとエアコンにできること。エアコン節電情報むりなくじょうずに節電を。あなたとエアコンにできること。エアコン節電情報

季節の空調関連サイト

空気の困りごとラボでは、梅雨の時期の快適な過ごし方など、それぞれの季節にかかえる空気に関する困りごとについて解説し、解決方法を紹介しています。空気の困りごとラボでは、梅雨の時期の快適な過ごし方など、それぞれの季節にかかえる空気に関する困りごとについて解説し、解決方法を紹介しています。
ページの先頭へ