冷暖房を始めとする総合空調機器の分野で、トップクラスのシェアを誇るダイキン工業が全国的にサービスエンジニアを大募集します。
当社の製品はお陰さまで、販売台数が絶好調の一語に尽きるほどの売れ行きを示しています。また業界内でも、その販売力は知れ渡った存在になっています。これは、当社の製造部門・営業部門・アフターサービス部門が一体となってお客様の満足を追い続けている姿勢が評価されたものだと自負しております。
今回はアフターサービス部門をより強力なものにするために、サービスエンジニアの大増員をすることになりました。

製品の故障やトラブルに即対応するのが、当社のサービスステーションです。あなたには、ステーションに寄せられた相談に対応するサービスエンジニアとして活躍していただきます。こう聞くと何か難しいように思われるかもしれませんが、その点はご心配なく。
ダイキン工業はアフターサービスも非常に重要な商品だと考えているので、サービスエンジニアの育成にも力を注いでいます。その一例とし、研修期間(社内では「預かり教育期間」と呼んでいます)を設けております。これは未経験の方でも業務に必要な知識(空調機器の構造から工具の名前・使い方に至るまで)を1〜2年の期間の中でしっかり習得していただく内容になっております。期間も限定されている訳ではなく習熟度に応じて早い段階で、現場で活躍していただくことも可能です。(実際にアパレル業界で8年間営業経験されていた方が現在も活躍しています。)経験のある方も研修はありますが、研修期間が短くなります。尚、この研修期間中は固定報酬をお支払いいたします。

研修終了後は独立したサービスエンジニアとして活躍いただきますが、自分では解決できない問題に当った時はパソコン通信で解決方法を本部に問い合わせることができます。本部には今までのトラブル事例と解決策のノウハウが蓄積されています。独立後も新製品の技術研修や営業研修などのサポート体制も万全に備えています。

業務連絡や技術情報の閲覧は
すべてこのパソコン操作でやっています。

空調機器販売台数の増加に伴う全国的修理件数の増加及び、サービス事業拡大による業務量の増加に対し、万全な顧客対応を行う為に増強を行います。

空調機器の出張修理、定期点検等
修理依頼には、現地に出張し故障原因の特定、修理・部品交換を行って頂きます。
定期点検契約を頂いているお客様には、定期的な巡回点検を行って頂き、空調機器の稼働率が上がる夏・冬に向けての事前点検や修理・部品交換を行って頂きます。
スキルアップに応じて、担当するメンテナンス内容も向上し報酬アップにもなります。
出張修理や定期点検など年間を通じて仕事はあります。

天井据付タイプの空調機器のメンテナンス

学歴/不問
年令/35歳くらいまでの方
未経験者大歓迎
業務拡大をお考えの事業主様も同時募集
普通自動車免許
自動車をお持ちの方(バン又は1BOXが最適)
有限会社又は株式会社の法人を設立できる方

研修期間中は全国56カ所あるサービスステーションに常駐して頂きます。又、場所を変えての集合研修もあります。
研修終了後/全国
※地域により現在募集を行っていない場合があります。ご了承ください。
全国56カ所あるサービスステーションに常駐
自宅開業
上記の2通りの方法があります。
技術相談やコミュニケーションを密にするため、常駐される方が多い現状です。

研修期間中/1〜2年は9:00〜17:30
柔軟な活動はできますが、サービスステーションの営業時間帯を基に担当顧客からの修理依頼を重視して頂きます。

研修期間中/固定報酬月給20万円 
別途宿舎援助手当有り
東日本4万円、西日本・中部3万円、中四国・九州2万円
(自宅勤務者は除く)
研修終了後/完全出来高給制
  報酬は仕事内容をポイント化したものがあります。そのポイントに応じて報酬計算し、ご請求下さい。(月末締切、翌月末現金振込による支給です)
<年収例>
905万円/協力会社O社(96年認定)/年間830件担当
(02.4.〜03.3実績)
740万円/協力会社T社(97年認定)/年間710件担当
(02.4.〜03.3.実績)

研修期間中/完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始
研修終了後/自由(自分のスケジュールに合わせた出勤が可能)

未経験の方には研修制度があります。
入社後1〜2年で
先輩との現地同行
空調機器の構造理解
作業の進め方
工具の名称・使い方
本部との連絡対応の仕方
お客様とのコミュニケーションの仕方
等をきっちりと研修致します。
空調機器のメンテナンス経験者も研修を受けて頂きますが、期間が短縮されます。

契約書の印紙代(200円)
工具・パソコン代(100万円〜150万円)
パソコンは当社からの仕事の発注連絡や、業務連絡用にも使用します。
(頑丈なパソコンで落としても、水がかかっても故障しません)

通常修理に必要部品は、無償支給致します。
使用しなかった部品はお返し頂きます。
※高額な修理工具はサービスステーションにストックしています。
必要時は無償貸与致します。

使用工具類(一部)
研修で名称や使い方まで学んで下さい

本件に関するお問い合せ及び履歴書を郵送される場合は以下の中で最寄りのサービス部へお願いします(履歴書は返却致します)。

ダイキン工業(株)東日本サービス部 企画グループ(担当:矢野)
〒143-0015 東京都大田区大森西3-29-7 
03-3298-2166
E-mail/tkomu.g@daikin.co.jp
ダイキン工業(株)中部サービス部 企画グループ(担当:森重)
〒455-0006 愛知県名古屋市港区南十一番町4-3
052-652-9713
E-mail/tetsuya.morishige@daikin.co.jp

ダイキン工業(株)西日本サービス部 企画グループ(担当:岸本)
〒530-0034 大阪府大阪市北区錦町4-82
06-6358-8005
E-mail/keiji.kishimoto@daikin.co.jp

ダイキン工業(株)九州サービス部 企画グループ(担当:岩下)
〒811-2207 福岡県粕屋郡志免町南里1-10-1
092-935-8516
E-mail/teruki.iwashita@grp.daikin.co.jp

前職はアパレルの営業だったんですよ。平成3年に子供が産まれまして、以前の給与では生活が苦しくなってきており、転職を考えていた時にダイキンさんの募集があって応募しました。研修も1年間みっちり受けたので、技術の習得もきっちりとできましたし年収にも納得しています。

今は社長という立場上、従業員の給与などの生活基盤の安定を考えてやることも重要ですが、何よりも事故が起きないよう心がけています。幸いダイキンさんからは、現場の状況に応じた細かな指導が徹底されていて、大事故は起きたことはありません。

かなり自分に仕事を任せてもらえるんですね。自分で考え、自分で動くということは、しんどい反面やりがいを感じます。お客様が自分の説明に納得していただけた時は嬉しいですし、次の現地へ行く時への励みにもなります。

サービスエンジニアには決まったテリトリーを担当して頂いています。担当制をしっかり行うことで、エリアごとのお客様の使用機種や起きやすい故障原因が特定されやすいからです。また、業務量の公平・不公平をなくすという点でもテリトリー制が大きく機能しています。もちろん今回採用された方にもきっちりとテリトリーを担当していただきますので、仕事量は確保できます。依頼修理や定期点検などで年間を通じ、仕事はあります。